白く美しい歯は歯医者で手に入る

歯医者ってこんな事もしてくれるの?

外的要因とは何か?

歯の黄ばみで一番多いのが外的要因による黄ばみです。飲食物による着色が多く、自分では中々気付かないのが進行を早める原因になっています。他にも喫煙習慣があったり、歯石でも黄ばんだりするので気になる方は生活習慣の見直しをすると良いです。

ちなみに外的要因の場合、歯医者ではどの様な治療を行うのでしょうか。まず外的要因の場合は歯についた着色をクリーニングするのがメインです。歯医者にある専用機器を使うので、1回の治療でも目に見えて効果を感じられるのが特徴です。

但し歯が弱っている場合や虫歯がある場合はしみるケースもあるので、この場合は虫歯治療を先に行います。人によっては薬剤を使用しながら治療をする場合もあります。

黄ばみが取れないのは内的要因だから?

どんなにホワイトニングをしても黄ばみがよくならない。この場合は外的では無く内的要因が影響している可能性があります。内的要因は遺伝、または咀嚼や歯軋りによって歯が磨耗し内部にある象牙質が見えてしまう事で起こります。歯の表面であるエナメル質は白に近い色をしていますが、象牙質はそれよりも黄色いので黄ばみに見えてしまう場合もあります。

また虫歯が進行し神経まで到達してしまった場合や神経そのものを抜いた場合は、灰色っぽくなるので注意が必要です。これらはホワイトニングの効果を感じにくいので、ラミネートベアなどセラミックを薄くしたシートを貼る治療が一般的です。

但し強度が必要になる奥歯はセラミックを使った治療になります。